『Cybozu Days 2023』Reckoner出展レポート

2023年11月8日(水)~9日(木)に幕張メッセで開催された『Cybozu Days 2023』に、Reckoner(レコナー)が初出展しました!今回はイベントの様子をレポートします!

イベント概要
名称:Cybozu Days 2023
会期:2023年11月8日(水)~9日(木)
開催場所:幕張メッセ
主催者:サイボウズ株式会社

Cybozu Daysって?

Cybozu Daysは年に1回開催される、サイボウズ主催の大規模イベントです。
100社以上のパートナー企業が集まる展示ブースや様々なセッションを通して、連携サービスやパートナーを見つけることのできる場です。

今回スリーシェイクは、kintoneを既にご利用中の皆さまやkintone導入をご検討中の方々、エンドユーザーにkintoneの導入・構築支援をしているパートナー様のデータ連携や活用をサポートすべく、データ加工・連携ツール/ノーコードETLのReckonerを引っさげて、初出展しました!

会場の雰囲気

Cybozu Daysは、他の展示会とはひと味違う会場の雰囲気が魅力のひとつです!
今回のテーマは『マジカルDXツアー~DXの魔法を学ぶ2日間~』。まるで魔法の世界に迷い込んだ気分で、スタッフも終始ワクワクが途絶えませんでした!

会場中央のステージでは基調講演などが行われており、各日とも多くの方が参加。DJやバンド演奏もあり、まさにライブさながらの雰囲気でした!
ステージはこの他にもあり、各会場ともかなりの熱気に包まれていました。

Reckonerのブース

こちらが弊社のReckonerのブースです!
会場中央のkintoneブースのお隣で、多くの方にお立ち寄りいただきました。

予想以上の反響で、1日目の時点でお渡し用のチラシを入れるクリアファイルが足りない事態に!翌日、クリアファイル200枚を抱えて会場入りしたのは今ではいい思い出です・・・
ブースに足を運んでいただいた皆さま、心より感謝申し上げます!

▲ スタッフ一同、準備万端!ストレッチ中ではなく、Reckonerの「R」ポーズです!
▲ ブースもほとんど人が途絶えることなく盛り上がっておりました

Reckonerについて

弊社ブースでは、データ加工・連携ツール/ノーコードETLのReckonerをご案内いたしました。

kintone以外にもいくつかのSaaSを使っていたり、エクセルやスプレッドシートでもデータを管理しているという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

そういったケースで多く耳にするのが、「ツール間のデータ連携が都度発生して作業が大変」「データのフォーマットが違うので連携前にデータクレンジングを行っているが、手作業なので漏れやミスが発生している」など、データの加工や連携に関する課題です。

そして、これらの課題を解決することができるのが弊社の提供するReckoner!

Reckonerを使うことで、これまで手動で行なっていたデータの加工や連携をノーコードで誰でも簡単に実行することが可能になります。

是非、今回ブースで実際に流していた動画もご覧ください。

▶Reckonerの詳細はこちら

最後に

今回Reckonerは初の出展でしたが、多くのご来場者の皆さまと直接お話しする中でお困りごとや課題感など、よりリアルな声を聞くことができ、大変充実した2日間となりました!

改めて、スリーシェイクのReckonerブースにお立ち寄りいただいた皆さま、誠にありがとうございました!

Reckonerは今後も、より使いやすいサービスを目指して、連携サービスを増やし、日々プロダクト改善を行ってまいります。今後の進化に是非ご期待いただければ幸いです。

お知らせ一覧へ戻る

お知らせ一覧へ戻る