スリーシェイクと三菱総研DCSが連携し、簡単操作でデータ利活用を促進する「データユニファイドサービス」を提供開始

株式会社スリーシェイク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉田 拓真)と三菱総研DCS株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:亀田 浩樹)は、スリーシェイクのデータ連携・加工ツール「Reckoner(レコナー)」に関するパートナー契約を締結しました。これに伴い、三菱総研DCSより「Reckoner」を活用した、データ利活用を促進する新サービス「データユニファイドサービス」が12月1日から提供開始されます。

■背景と概要
意思決定の裏付けや市場洞察など、現代のビジネス成功においてデータ利活用は必要不可欠ですが、クラウドサービスや自社管理のシステム等と併用した結果、データがサイロ化・複雑化し、十分に利活用できていないケースが見受けられます。
スリーシェイクが開発・提供する「Reckoner」を活用した「データユニファイドサービス」は、このような分散したデータ環境を統合し、シームレスなデータ管理と活用を実現します。当サービスは、お客さまのご要望に柔軟に対応し、システムの運用負荷軽減・クラウド活用の価値最大化を支援する、三菱総研DCSのサービスブランド「FQ Smart+」の新サービスとして提供されます。

■三菱総研DCSが提供する「データユニファイドサービス」の特長
プログラミング不要! 専門知識がなくともデータ収集、変換処理が可能に!

データ連携・加工ツール「Reckoner」活用により、ノーコードで様々な環境にあるデータを連携することができます。直感的な操作が可能で専門知識も不要なため、データ分析プロセスで時間を要するデータ準備を効率化し、データの利活用を推進します。

■各種メニューのご紹介
基本メニュー:年額費用36万円(税抜)~

サービスメニュー概要
ライセンスプラン「Reckoner」各種ライセンスを提供します。
クイックインテグレーションプランデータ利活用環境をスモールスタートしたいお客さまに向け、スピーディーに環境を提供します。
フルカスタマイズプランお客さまの要件に応じて、要件定義~設計構築~運用までフルカスタマイズの環境を提供します。

オプションメニュー

テクニカルサポート利用中のQA対応や導入支援、トラブルシューティングを行います。(年間60時間まで)

データ利活用の内製化を支援する、ハンズオン・ワークショップ形式のオプションプランも提供予定です。サポートの際にお客さま拠点にエンジニアが訪問し、実業務に即してご支援します。

■今後の展開
三菱総研DCSは、お客さまのデータ利活用を推進すべく、データ利活用基盤の構築や利用推進・効率化を支援するさらなるサービスを「FQ Smart+」で提供予定です。
スリーシェイクは、データ連携ツール「Reckoner」の開発・提供を通じて、三菱総研DCSと協力し、お客様に最適なデータソリューションを提供するための取り組みを継続して進めて参ります。
今後も両社は、営業活動の連携やサービス強化にむけた協業を強化していきます。

■サービスページ
FQ Smart+:https://www.dcs.co.jp/solution/special_005/index.html
データユニファイドサービス:https://www.dcs.co.jp/solution/dataunified/index.html
Reckoner : https://reckoner.io/

■ Reckoner とは
Reckoner はノーコード型 ETL、データパイプラインサービスです。
「仕様策定(プログラム設計)→ 実装 → テスト → 基盤構築 → 運用」と通常だと非常に煩雑なデータ連携を、Reckoner は全て GUI で完結。
データ活用をこれまでにない直感的な方法で実現可能です。

サービスサイト<a href=httpsreckonerio target= blank rel=noreferrer noopener>httpsreckonerio<a>

■三菱総研DCS株式会社について
三菱総研DCSは、1970年の創立以来、銀行・クレジットカード等金融関連業務で豊富な実績を有するIT企業です。耐災害性に優れた設備の堅牢な自社データセンターを核に、独自のクラウドサービスをはじめ、マルチクラウド環境の利用を想定したストレージサービスや運用サービスなどを長年にわたり手掛け、お客さまの課題解決に貢献しています。
https://www.dcs.co.jp

【株式会社スリーシェイク】
スリーシェイクは、ITインフラ領域の技術力に強みをもつテクノロジーカンパニーです。2015年の創業から提供しているSREコンサルティング事業「Sreake(スリーク)」では、AWS / Google Cloud / Kubernetes に精通したプロフェッショナルが技術戦略から設計・開発・運用を一貫してサポートしています。またSRE領域で培ったノウハウをベースに、2020年4月にノーコード型ETLツール「Reckoner(レコナー)」を提供開始し、ビジネス分析やマーケティングへのビックデータ活用を簡易に実現可能としました。以後、フリーランスエンジニア特化型人材紹介サービス「Relance(リランス)」やセキュリティサービス「Securify(セキュリファイ)」を提供開始し、DX時代における技術戦略設計からセキュアなアプリケーション開発、データ活用までを一貫提供可能な体制を進めています。

会社名   :株式会社スリーシェイク
代表者   :代表取締役社長 吉田 拓真
所在地   :東京都新宿区大京町22-1 グランファースト新宿御苑
事業内容 :
・SRE特化型コンサルティング事業「Sreake(スリーク)」運営( https://sreake.com/ )
・セキュリティサービス「Securify(セキュリファイ)」運営 ( https://www.securify.jp/)
・ノーコード型ETLツール「Reckoner(レコナー)」開発・運営 ( https://reckoner.io/ )
・フリーランスエンジニア特化型人材紹介サービス「Relance(リランス)」開発・運営 ( https://relance.jp/ )
会社HP  :https://3-shake.com/

お知らせ一覧へ戻る

お知らせ一覧へ戻る