生成AI×ETLならReckoner(レコナー)

ETL内で生成AIを活用し、1つのフィールド内の住所を別々のカラムに分ける方法

課題・現状

Salesforceでは都道府県、市区町村、番地、建物をすべて1つの住所フィールドの中で管理している。kintoneのプラグインを利用して顧客へのターゲティングメールをおこなう予定だが、kintoneではそれぞれ別々のカラムでデータ管理をすることになっている。現在は、SalesforceからCSVファイルを出力し、ファイル上で別々のカラムにデータが入るように加工してから、kintoneに登録をおこなっている。手作業のためコピペミスもあり、工数負担になっている。

Reckoner(レコナー)導入の効果

  • ノーコードで簡単データ加工&連携

    ETL(Reckoner)内で生成AIを活用することで、コーディングをおこなうことなく1つのフィールドに入っているデータを別のカラムに分けることができる。また、加工後のデータも自動でkintoneアプリ登録することが可能。

  • 手作業がゼロに。

    Salesforceとkintoneを繋ぐことで、SalesforceからCSVファイルの出力や加工、kintoneへのインポート作業が自動化された。

  • サービスやデータに関するご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください

    資料請求・お問い合わせ

    ETL内で生成AIを活用し、簡単に1つのフィールド内の住所を別々のカラムに分ける方法

    1. STEP1

      接続設定

      1. Reckoner(レコナー)が、データソースとなる、Salesforceと、データ転送先となるkintoneにアクセスできるようにするため、ログイン情報入力やOauth設定をおこなう。

    2. STEP2

      データ加工・変換

      1. 生成AIを活用して、Reckoner(レコナー)の画面上のマウス操作で、以下加工・整形をおこなう。

        ・「HTTPタスク」で生成AIのプロンプトを作成し、1つのフィールドに入っている都道府県、市区町村、番地、建物を分ける

        ・「CSV展開」タスクを用いて、分けられた都道府県、市区町村、番地、建物の書くデータをkintoneで管理しているそれぞれのカラムに登録する

    3. STEP3

      ワークフロー作成・データ連携

      1. 検証環境を用意することなく、Reckoner(レコナー)の画面上で処理結果のプレビューをぱっと確認。バッチ制作不要で、Salesforceと、kintoneを繋いでデータの流れを作成する。

    Reckonerでの解決ポイント

    • ETL内で生成AIを活用!

      ETLで生成AIのプロンプトを活用すれば、ノーコードで簡単にデータ加工処理が可能。

  • サービスやデータに関するご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください

    資料請求・お問い合わせ