Brazeへのデータ連携ならReckoner(レコナー)

顧客へのタイムリーなアプローチを実現

MariaDBのデータをBrazeに連携する際の課題・現状

顧客データをMariaDBで管理している。Brazeを活用しているが、データ連携がエンジニアに依存していて、DBとのデータ整合が取れておらず、然るべきタイミングでアプローチができていない。

Reckoner(レコナー)導入の効果

  • エンジニアへのデータ加工・データ連携業務の属人化から脱却できた。

  • 部門内で自動連携を実現できたことにより、タイムリーなアプローチを実現することができた。

  • サービスやデータに関するご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください

    資料請求・お問い合わせ

    MariaDBのデータをBrazeに簡単に自動連携する方法

    1. STEP1

      接続設定

      1. Reckoner(レコナー)が、データソースとなるMariaDB、データ転送先となるBrazeにアクセスできるようにするため、ログイン情報入力やOauth設定をおこなう。

    2. STEP2

      データ加工・変換

      1. SQLを記述することなく、Reckoner(レコナー)画面上のマウス操作で、以下加工・整形をおこなう。
        ・フィルタリング条件に一致したレコードを抽出する「フィルター」タスクを用いて、Brazeに連携するデータのみを抽出する。

    3. STEP3

      ワークフロー作成・データ連携

      1. 検証環境を用意することなく、Reckoner(レコナー)の画面上で処理結果のプレビューをぱっと確認。バッチ制作不要で、MariaDBとBrazeを繋いでデータの流れを作成する。

    Reckonerでの解決ポイント

    • 簡単なマウス操作で必要なデータのみを絞ることが可能

  • サービスやデータに関するご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください

    資料請求・お問い合わせ