Yahoo!広告・Facebook広告・Google広告のデータをGoogle BigQueryに連携する際の課題・現状

現状、Yahoo!広告・GoogleAds・FacebookAdsのそれぞれで広告配信を行っている。そのデータを比較・検証するためにデータクレンジングなどの作業が発生するため、時間を要している。

Reckoner(レコナー)導入の効果

  • 手作業でのデータクレンジングや連携が一切不要になることで工数の大幅削減が実現。

  • Salesforceへの入力だけで、あとは自動で同期されるため二重入力が解消できた。

  • 膨大なデータを自動で連携可能なため、データ管理や分析の効率化が可能。

  • サービスやデータに関するご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください

    資料請求・お問い合わせ

    Yahoo!広告・Facebook広告・Google広告のデータをGoogle BigQueryに簡単に自動連携する方法

    1. STEP1

      接続設定

      1. Reckoner(レコナー)が、データソースとなるYahoo!広告、Facebook広告、Google広告と、データ転送先となるGoogle BigQueryにアクセスできるようにするため、ログイン情報入力やOauth設定をおこなう。

    2. STEP2

      データ加工・変換

      1. SQLを記述することなく、Reckoner(レコナー)の画面上のマウス操作で、Yahoo!広告・Facebook広告・Google広告から必要なデータを抽出する。

    3. STEP3

      ワークフロー作成・データ連携

      1. 検証環境を用意することなく、Reckoner(レコナー)の画面上で処理結果のプレビューをぱっと確認。バッチ制作不要で、Yahoo!広告・Facebook広告・Google広告と、Google BigQueryを繋いでデータの流れを作成する。

    サービスやデータに関するご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください

    資料請求・お問い合わせ