リアルタイムにセミナー申込データを社内外に共有するならReckoner(レコナー)

Marketoのセミナー申込データをGoogleスプレッドシートに自動連携する方法

Marketoのセミナー申込データをGoogleスプレッドシートに連携する際の課題・現状

マーケティング部門ではMarketoでセミナー申込リードの管理をおこなっている。
セミナー実施前に、社内のインサイドセールス、フィールドセールスメンバーに、申込リードの共有をおこなっている。
また、セミナーを他社と共催で実施する際は共催先にも共有をしている。
追加申し込みがあるたびに、Marketoから申込状況をエクスポートし、社内外共有用のGoogleスプレッドシートにコピペをおこなっている。どこまで共有したか差分がわかりづらく目検でチェックする工数負担と、コピペをする際にミスや漏れが発生してしまっている。

Reckoner(レコナー)導入の効果

  • 社内や共催先と共有しているGoogleスプレッドシートの更新・同期作業の工数削減。

    Marketoで追加申し込みがあったデータをエクスポートして、手動で共有用のGoogleスプレッドシートにコピペしていたが、自動的にデータが連携されるようになった。

  • ヒューマンエラー発生のリスク軽減。

    自動的に連携されるようになったため、手作業えMarketoからデータをエクスポートし、Googleスプレッドシートにコピペする作業がゼロになった。

  • 最新の申込状況を共有可能。

    1時間おき、2時間おき、など、定期的に自動で最新の申込データをGoogleスプレッドシートに反映させることができる。

  • サービスやデータに関するご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください

    資料請求・お問い合わせ

    Marketoのセミナー申込データをGoogleスプレッドシートに簡単に自動連携する方法

    1. STEP1

      接続設定

      1. Reckoner(レコナー)が、データソースとなるMarketo、データ転送先となるGoogleスプレッドシートにアクセスできるようにするため、ログイン情報入力やOauth設定をおこなう。

    2. STEP2

      データ加工・変換

      1. SQLを記述することなく、Reckoner(レコナー)画面上のマウス操作で、以下加工・整形をおこなう。
        ・任意のフィールドを抽出する「投影」タスクを用いて、Googleスプレッドシートに反映させ、社内・共催先に共有するフィールドのみを抽出する。

    3. STEP3

      ワークフロー作成・データ連携

      1. 検証環境を用意することなく、Reckoner(レコナー)の画面上で処理結果のプレビューをぱっと確認。バッチ制作不要で、MarketoとGoogleスプレッドシートを繋いでデータの流れを作成する。必要に応じてワークフローの定期実行を「1時間おき、2時間おき」などスケジュール設定する。

    Reckonerでの解決ポイント

    • 定期的にワークフローを実行させ、手放しでデータを自動連携・共有させることが可能

  • サービスやデータに関するご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください

    資料請求・お問い合わせ