kintoneと奉行クラウド間のデータ連携ならReckoner(レコナー)

kintoneで承認済みの新規取引先データをリアルタイムに奉行クラウドに自動連携する方法

課題・現状

営業アシスタントがkintoneのプロセス管理機能を使って新規の取引先申請をおこなっている。承認が降りた取引先データを日次でCSV出力し、奉行クラウドでの管理項目名に変更・加工してから、奉行クラウドに登録し、得意先として管理している。加工と登録作業が手作業のため、手間がかかるうえにミスが起きやすい。奉行クラウドへの登録作業が完了しないと、業務担当者が以降の取引開始業務をおこなえず、業務が滞ってしまっている。

Reckoner(レコナー)導入の効果

  • 連携の手作業がゼロに。

    kintoneから自動で奉行クラウドにデータが連携されるため、手動での作業が無くなった。

  • 奉行クラウドのデータをもとにした後続業務がスピーディーに。

    Webhook機能を使えば、kintoneで新規取引先申請の承認が降りた瞬間に、奉行クラウドに得意先として新規登録されるため、後続業務が滞らずにおこなえる。

  • サービスやデータに関するご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください

    資料請求・お問い合わせ

    kintoneで承認済みの新規取引先データをリアルタイムに奉行クラウドに簡単に自動連携する方法

    1. STEP1

      接続設定

      1. Reckoner(レコナー)が、データソースとなる、kintoneと、データ転送先となる奉行クラウドにアクセスできるようにするため、ログイン情報入力やOauth設定をおこなう。

    2. STEP2

      データ加工・変換

      1. SQLを記述することなく、Reckoner(レコナー)の画面上のマウス操作で、以下加工・整形をおこなう。
        ・「投影」タスクを用いて、奉行クラウドの管理項目名への変更と、申請日と承認日の日付データ型を変更する。

    3. STEP3

      ワークフロー作成・データ連携

      1. 検証環境を用意することなく、Reckoner(レコナー)の画面上で処理結果のプレビューをぱっと確認。バッチ制作不要で、kintoneと、奉行クラウドを繋いでデータの流れを作成する。

    Reckonerでの解決ポイント

    • 任意のトリガーでReckonerのワークフローが実行可能!

      Webhook機能を使えば、任意のトリガーと連携して自動的や、アプリケーションのイベント・ジョブの前後にワークフローを実行させることができる。

  • サービスやデータに関するご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください

    資料請求・お問い合わせ