Sendgridへのデータ連携ならReckoner(レコナー)

リード情報を簡単に加工しSendgridでターゲティングメールを送付!

Google DriveのデータをSendgridに連携する際の課題・現状

展示会での講演イベントに参加したリード情報はCSVで渡される。
Google Driveに格納したのちmカテゴリ分けや項目の統合など、データ加工をしてからSendgridに読み込ませている。
手作業でおこなっているためミスが発生し、工数がかかっている。

Google DriveとSendgridの簡単な自動連携方法

  1. STEP1

    接続設定

    1. Reckoner(レコナー)が、データソースとなるGoogle Driveと、データ転送先となるSendgridにアクセスできるようにするため、ログイン情報入力やOauth設定をおこなう。

  2. STEP2

    データ加工・変換

    1. SQLを記述することなく、Reckoner(レコナー)の画面上のマウス操作のみで、Google Driveからターゲティングに必要なデータを取り出し、Sendgridのフォーマットに合うように整形する。

  3. STEP3

    ワークフロー作成・データ連携

    1. 検証環境を用意することなく、Reckoner(レコナー)の画面上で処理結果のプレビューをぱっと確認。バッチ制作不要で、Google DriveとSendgridを繋いでデータの流れを作成する。

Reckonerでの解決ポイント

  • 簡単な画面上のマウス操作で、項目が分かれている「姓」「名」の統合が可能

  • サービスやデータに関するご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください

    資料請求・お問い合わせ