DX・データ活用で陥りがちな課題から考えるデータ統合/活用(DataOps)

▼セミナー概要

ここ数年「DX(デジタルトランスフォーメーション)」という言葉がブームとなり、多くの企業が自社内のデータ活用・データ分析に踏み出しました。その中でも全社のデータを統合・集積しデータ基盤の構築やBIツールなどを活用したデータの可視化を行われる企業も多かったのではないでしょうか?

しかし、そのDX・データ活用は事業の成長に結びついたのでしょうか?

本セミナーでは、現在DX・データ活用を進める企業が陥りがちな課題と、本来目指すべきデータ活用の姿「DataOps」、その実現に必要なポイントをお伝えします。

▼こんな方におすすめ

  • これからデータ活用を始めて、業務の改善に活かしたい方
  • 現状のデータ活用が事業の成長に結びついておらずお困りの方
  • データ活用にあたっての作業の手間やコストに課題を感じている方

▼スピーカー紹介

手塚 卓也/株式会社スリーシェイク Sreake事業部 部長

自治体やデータベースマーケティング会社でのインフラ設計/構築/運用を主に経験し、2018年10月にスリーシェイクJoin。JOIN後は Google Cloud / AWS / kubernetes / ServiceMesh など様々な技術的アプローチを駆使し、大手からベンチャー等規模を問わず様々な組織に対して SRE 立ち上げのコンサルティングや技術支援を行う。2020年からは事業部長として総勢30名のSREエンジニアのマネージメント、技術広報、採用、組織構築を担当。

▼注意事項

  • 本セミナーは法人のお客様限定となります。
  • 視聴用URLは開催前日のリマインドメールにてお知らせいたします。
  • 今回ご提供いただく個人情報は、プライバシーポリシーに基づき管理いたします。

データの集約・連携にかかる
エンジニアの開発工数を
Reckonerで大幅削減!

具体的な活用イメージや貴社のデータ活用課題などお気軽にお問い合わせください。現在、無料キャンペーン中!実際にデータ連携を構築してお試しいただけます!

Reckoner