ETLツールでデータ統合/活用を実現するための3要素

DXの本来の成功、データを業務に活かすデータ統合/活用とは?

ここ数年「DX(デジタルトランスフォーメーション)」という言葉がブームとなり、多くの企業が自社内のデータ活用・データ分析に踏み出しました。その中でも全社のデータを統合・集積しデータ基盤の構築やBIツールなどを活用したデータの可視化を行われる企業も多かったのではないでしょうか?

しかし、そのDX・データ活用は事業の成長に結びついたのでしょうか?

本資料では、現在DX・データ活用を進める企業が陥りがちな課題と、本来目指すべきデータ統合/活用の姿とその実現に必要なポイントをお伝えいたします。

目次

  1. DX・データ活用ブームがもたらしたもの
  2. 事業を成長させるデータ統合/活用とは?
  3. データ統合/活用を実現するために必要な3つの要素
  4. データ統合/活用を実現するクラウド型サービスReckonerとは
  5. ユースケース
  6. 導入事例

こんな方におすすめ

  • DX・データ活用を進められる経営企画部門の方
  • 社内のデータ基盤の運用をされるエンジニア・開発部門の方

データの集約・連携にかかる
エンジニアの開発工数を
Reckonerで大幅削減!

具体的な活用イメージや貴社のデータ活用課題などお気軽にお問い合わせください。現在、無料キャンペーン中!実際にデータ連携を構築してお試しいただけます!

Reckoner