Reckonerを活用してデータドリブンな営業戦略を

CRM/SFA/MAなどに蓄積されたデータを活用し、より効果的な施策の実行及び効果測定を行うことで、データドリブンな営業戦略を構築できます。

  • 顧客データを統合し、顧客を理解する

    顧客データ(CRM)や営業データ(SFA)、マーケティング活動データ(MA)など、ばらばらに管理されているデータを集約することで、自社の営業活動と顧客行動を俯瞰して分析することができます。
    顧客理解を深めることで、よりパーソナライズ化された営業活動を支援し、顧客のロイアリティの向上、アップセルやクロスセルといったLTVの最大化を達成することができます。

  • 業務を自動化し、生産性を向上させる

    顧客データの修正や、営業活動データのアップデートなど、日々の営業活動においてデータの整備には時間も手間もかかります。
    CRMとスプレッドシートとの連携など、一度データ連携のワークフローを設定することで定常的な業務を自動化し、生産性を向上させることができます。
    空いたリソースでより新しい価値を顧客に提案することができます。

  • 一元化されたデータ分析基盤

    オンライン、オフラインを問わずあらゆるデータソースをデータウェアハウスへ集約し、統合的な分析環境を構築することで、セールス、マーケティング、カスタマーサクセスなど、組織横断での顧客データの分析が可能になります。
    Reckonerを使うことで、自社の顧客データ活用を加速させ、データドリブンな営業活動を実現します。

今なら14日間無料!

資料請求、トライアルの申し込み、御社へ伺っての製品デモンストレーションまで、
お気軽にご相談ください。

資料請求・お問い合わせ