Googleスプレッドシートのアンケート回答内容を簡単に共有するならReckoner(レコナー)

Googleスプレッドシートのアンケート回答内容を共有用のGoogleスプレッドシートに自動連携する方法

アンケート回答内容を共有用のGoogleスプレッドシートに連携する際の課題・現状

セミナー実施後に、視聴者にGoogleフォームでアンケート回答をおこなってもらっている。
回答内容は自動でGoogleスプレッドシートに連携されるように設定しているが、そのデータを社内のインサイドセールスやフィールドセールス、共催セミナーの場合は共催先に共有するため、別の共有用のGoogleスプレッドシートにコピペをしている。
追加のアンケート回答があるかどうか定期的にGoogleスプレッドシートを確認し、都度、共有用のGoogleスプレッドシートに手作業で反映させている。どのレコードまで反映させたかどうか差分がわかりづらく目検でチェックする工数負担と、コピペをする際にミスや漏れが発生してしまっている。

Reckoner(レコナー)導入の効果

  • 社内や共催先と共有しているGoogleスプレッドシートの更新・同期作業の工数削減。

    アンケート回答データを共有用のGoogleスプレッドシートに手作業でコピペしていたが、自動的にデータが連携されるようになった。

  • ヒューマンエラー発生のリスク軽減。

    自動的に連携されるようになったため、Googleスプレッドシートにコピペする作業がゼロになり、ミスがゼロになった。

  • 最新のアンケート回答内容を共有可能。

    最短15分単位で、定期的に自動で最新のアンケート回答内容をGoogleスプレッドシートに反映させることができる。

  • サービスやデータに関するご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください

    資料請求・お問い合わせ

    Googleスプレッドシートのアンケート回答内容を共有用のGoogleスプレッドシートに自動連携する方法

    1. STEP1

      接続設定

      1. Reckoner(レコナー)が、データソースとなるアンケート回答内容が蓄積されるGoogleスプレッドシート、データ転送先となる共有用のGoogleスプレッドシートにアクセスできるようにするため、ログイン情報入力やOauth設定をおこなう。

    2. STEP2

      ワークフロー作成・データ連携

      1. 検証環境を用意することなく、Reckoner(レコナー)の画面上で処理結果のプレビューをぱっと確認。バッチ制作不要で、Googleスプレッドシート同士を繋いでデータの流れを作成する。必要に応じてワークフローの定期実行を「15分単位や1時間おき、2時間おき」などスケジュール設定する。

    Reckonerでの解決ポイント

    • リアルタイムに最新のアンケート回答内容を共有可能!

      最短15分単位でワークフローを定期実行させれば、ラクにデータを自動連携・共有させることが可能

  • サービスやデータに関するご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください

    資料請求・お問い合わせ