DX時代に「成果を上げる」クラウドデータ基盤について

概要

DX(デジタル・トランスフォーメーション)の必要性が叫ばれる中、社内に存在するデータをどう収集し、蓄積・活用するかは重要な課題です。従来のデータ基盤の開発では、半年から1年以上かけて大規模なデータ基盤の構築を行うケースがほとんどでしたが、それではビジネス環境の変化に適応できません。さらに近年クラウドサービスの登場により、基盤の構築・運用コストを最低限に下げてスモールスタートで基盤を構築することが可能になりました。
本ウェビナーでは、社内に存在する各種データをどのように統合し、基盤を整備、ビジネスへ活用させれば良いのか。アーキテクチャーの考え方から、ETL/DWH/BIのツールの選定までご紹介いたします。

対象

本セミナーについて、下記のような課題を抱えている方にお勧めです。

・データを活用して、セールスやマーケティング活動の費用対効果を上げたい
・社内でバラバラに管理されているデータを統合したい
・データ基盤のアーキテクチャーに悩んでいる
・どのようなサービスを組み合わせればいいのか分からない

セミナー詳細

【日時】   2020年11月26日(木)   13:00~14:00 お申込はこちら

【登壇】   株式会社スリーシェイク 
       セールスディベロップメント 渡邉 裕

       前職はSalesforce、Pardot構築支援及びコンサルティング業務に従事。
       複数のデータソースとSalesforceの連携案件も担当。
       現職であるスリーシェイクでは、セールスの立ち上げ、新規開拓をおこなう。

【会場】   zoomにてオンライン開催。
       接続方法は前日までのリマインドメールにてお知らせいたします。

【参加費】  無料(事前申込み制)

【主催】   株式会社スリーシェイク

【注意事項】 今回ご提供いただく個人情報は、プライバシーポリシーに基づき管理いたします。