auコマース&ライフが取り組む、ECモールを支えるデータ連携と活用

本セミナーは、2022年12月開催のECzine Day 2022 Winterのオンデマンド配信です。

セミナー概要

auコマース&ライフ株式会社は、総合ショッピングサイト「au PAY マーケット」をKDDIと共同運営しています。
au PAY マーケットは、日用品からグルメ、ファッション商品などのモノから飲食・旅行・エンターテインメント等のコトを総合的に取り扱っています。
数多くの出店企業が集まるモールを運営するにあたって必要なデータをどのように整備し現場の中でどう活かしているのか、具体的な紹介を交えながら、データ連携ソリューションを提供するスリーシェイクとの対談で「データ連携・活用の意義」について考えていきます。

スピーカー紹介

古川 史浩 / auコマース&ライフ株式会社 モール事業部 モールMD開発部 ストアオペレーショングループ グループリーダー

2008年に株式会社DeNA入社後、EC事業領域のコールセンター責任者として従事。2017年からは、KDDIコマースフォワード(現auコマース&ライフ株式会社)にてコールセンター責任者に加えプロダクト部門に参画し、新規システム開発やVOCを元としたシステム改善を実施。2019年以降は、今までの取り組みに加え社内システムとのデータ連携や問い合わせ傾向を元とした機能促進など、業務品質向上や業務効率化の取組みを実施中。

北村 伊弘 / 株式会社スリーシェイク ビジネス本部 本部長

1999年メールマーケティング黎明期より、MA・CRM系ツールベンダーにてマーケティング責任者として従事し、13年連続国内マーケットシェアNo.1を維持するメールマーケティングツールの企画をする。2021年からは、SREコンサルティング、ETLツール等を提供するテックカンパニーであるスリーシェイクにジョインし、セールスとマーケティングの統括責任者として従事する。幅広く携わっている。

注意事項

  • 本セミナーは法人のお客様限定となります。同業者様のお申込みはお断りさせていただく場合がございます。
  • 本セミナーはオンデマンド配信です。視聴URLはお申込み後にメールアドレス宛にお送りいたします。
  • 今回ご提供いただく個人情報は、プライバシーポリシーに基づき管理いたします。

データの集約・連携にかかる
エンジニアの開発工数を
Reckonerで大幅削減!

具体的な活用イメージや貴社のデータ活用課題などお気軽にお問い合わせください。現在、無料キャンペーン中!実際にデータ連携を構築してお試しいただけます!

Reckoner