基礎から解説!DX推進の中核となる、データ管理を効率化するツール「DaaS」の活用術

本セミナーは、2022年12月開催のData Tech 2022のオンデマンド配信です。

セミナー概要

DX推進の基盤となるデータ活用が重要視される一方で、データ管理にまつわる工数が増大し、結果としてスピーディで柔軟な意思決定を阻害されているケースが散見されます。そこで注目されているのが、クラウドを活用した統合的データ管理サービスDaaS(Data as a Service)です。本講演ではDaaSの定義や利用パターンを解説し、DX推進にどのようなメリットがあるかを解説していきます。

スピーカー紹介

吉田 拓真 / 株式会社スリーシェイク 代表取締役社長

2011年DeNA入社後、インフラエンジニアとしてキャリアスタート。その後、ソーシャルゲーム/IoTスタートアップの立ち上げを経験。
2015年1月に株式会社スリーシェイクを設立後、年間10社以上のシステムコンサルティングを行いつつ、SRE特化型コンサル「Sreake」、DXプラットフォーム「Reckoner」、セキュリティプラットフォーム「Securify」の立ち上げを行う。

注意事項

  • 本セミナーは法人のお客様限定となります。同業者様のお申込みはお断りさせていただく場合がございます。
  • 本セミナーはオンデマンド配信です。視聴URLはお申込み後にメールアドレス宛にお送りいたします。
  • 今回ご提供いただく個人情報は、プライバシーポリシーに基づき管理いたします。

データの集約・連携にかかる
エンジニアの開発工数を
Reckonerで大幅削減!

具体的な活用イメージや貴社のデータ活用課題などお気軽にお問い合わせください。現在、無料キャンペーン中!実際にデータ連携を構築してお試しいただけます!

Reckoner