機能一覧

Reckonerでは定期的に
機能のアップデートを行っております。
新機能やメンテナンス情報など、
最新情報はこちらから。

連携可能なデータソース

広告・SFA/MA・CRMなど、あらゆるデータソースとの連携が可能な為、必要なデータの分析・活用が可能です。

ファイル

  • Google Sheets

    Google Sheets

  • Microsoft Excel

    Microsoft Excel

  • SFTP

    SFTP

  • CSV

    CSV

など

データベース & ストレージ

  • Google Cloud Storage

    Google Cloud Storage

  • Google BigQuery

    Google BigQuery

  • AWS Redshift

    AWS Redshift

  • ORACLE

    ORACLE

  • MySQL

    MySQL

  • PostgreSQL

    PostgreSQL

など

SaaS

  • kintone

    kintone

  • Salesforce

    Salesforce

  • Google Analytics

    Google Analytics

  • Sansan

    Sansan

など

広告・SNS・外部API

  • Twitter Ads

    Twitter Ads

  • Slack

    Slack

など

この他にも多数のデータベースや
SaaSアプリケーションと連携可能

データの変換/分析機能

ワークフローの作成という直感的な操作でデータを変換/分析できます。プログラムは一切不要です。

  • ハッシュ・暗号化

    値のハッシュ化や顧客情報のマスキングなどが可能

  • 文字列変換

    正規表現や対応表による置換が可能

  • 結合・グループ化

    データ同士の結合や値のグループ化などが可能

  • カラム変換

    カラムの追加・削除、型・名前の変換などが可能

  • バリデーション・フィルター

    値のバリデーションおよびフィルタリングが可能

  • フォーマット変換

    CSV、JSON、ログなど、任意のデータフォーマットへ変換が可能

  • API連携

    外部APIと連携したデータの収集・変換・転送処理が可能

  • 集計・四則演算

    値の集計(合計、平均、最大、最小、カウンタ)や四則演算が可能

その他機能

  • API連携
    パラメーター
    WebHookトリガー
  • ジョブ管理
    実行結果通知
    (メール/Slack)
    ワークフロー実行履歴
    タグ機能
  • 実行前事前チェック
    プレビュー
    スキーマ型推論
  • セキュリティ
    権限管理機能

ISO27001認証取得済み

運営会社の株式会社スリーシェイクは、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の第三者認証基準である国際規格「ISO/IEC 27001:2013」および国内規格「JIS Q 27001:2014」の第三者認証を取得しています。

ISO27001認証

3省3ガイドライン対応について

医療情報を電子的に扱う際、情報セキュリティ等安全性の観点から、厚生労働省、経済産業省、総務省の3省が策定した3つのガイドライン「3省3ガイドライン」に準拠する必要があります。
Reckonerでは、このガイドラインの対応状況を公開しています。

データの集約・連携にかかる
エンジニアの開発工数を
Reckonerで大幅削減!

具体的な活用イメージや貴社のデータ活用課題などお気軽にお問い合わせください。現在、無料キャンペーン中!実際にデータ連携を構築してお試しいただけます!

Reckoner